Making life easier - Coloplast

Making life easier_

生活をより快適に

コロプラストは「個人的な健康上のニーズをお持ちの方々の生活をより快適にする」ことをミッション(使命)としています。これを実現するためには、製品をお使いくださる方々の生活に大きな影響を及ぼしている医療的な課題や不安を理解することが必要です。仕事や日常の買い物、運動や旅行、性行為など、生活のあらゆる場面が当てはまります。私たちは製品をお使いくださる方々をはじめ、医師や看護師の皆様の声に耳を傾けることで、それぞれのニーズに対する理解を深めてきました。このようにヒントをいただきながら、お客様の生活をより良くする製品を提供しています。

Making life easier for our users​

生活をより快適に…自分の心に従って

Making it easier_
自分の心に従って

「自分の抱える問題には勃起不全という病名があり、静脈漏出が原因だと知った時には大きな安心感を覚えました。ずっと精神的なものだと思ってきてきましたが、その時初めて解決法があると知ったのです」

Brian
詳しく読む
閉じる

Brian Wright
Making it easier… to follow your heart

<font color=\"#00b0ca\">Brian Wright<br>Making it easier… to follow your heart </font>

若い男性にとって自信は全てです。特に恋愛関係において自信は欠かせません。ブライアンは18歳の時に勃起不全の症状があると気づき、ショックを受けました。20代になり、さまざまな治療を受けました。原因は精神的な問題だと告げられ、バイアグラを処方されたこともありました。しかしバイアグラも助けにはなりませんでした。そんなブライアンが解決策を求めて再び行動を起こしたのは、何年も経ってからでした。

ある日、ブライアンは勃起のための注射の宣伝をラジオで聞きました。最初は効果があった注射ですが、だんだん逆の反応が出るようになり、最終的には入院する事態となってしまいました。しかし幸運なことに、その病院で陰茎インプラントのことを知ることになります。その治療法を正式に提案されたことで、安心感を得ることができたと彼は話します。「自分の抱える問題には勃起不全という病名があり、静脈漏出が原因だと知った時には大きな安心感を覚えました。ずっと精神的なものだと思ってきてきましたが、その時初めて解決法があると知ったのです」

この発見はブライアンの人生に大きな影響を与えました。特に何に変化があったか尋ねられたブライアンはこう答えています。「一言で言うと、自信です。仕事の面でも、プライベートでも、社交的な部分でも、自信が私を大きく変えてくれました。」

ブライアンは自分の経験を通して、このタブー視されがちな話題について皆が議論してしかるべきだと痛感しました。現在34歳になった彼は、自分の苦労した経験を基に話をしています。「勃起不全について声を大にして言いたいのは、自分だけでなく配偶者にも影響を与える二人の問題だということです。勃起不全はれっきとした病気であることをパートナーにも理解してもらうことが大切です。勃起不全はあらゆる年齢の男性に影響を与えます。」

ブライアンは、きちんとした治療を受ける第一歩を踏み出すには勇気がいると認めつつも、ほかの人には、自分のように誰にも相談せずひとりで悩んだりしないでほしいと言います。「勃起不全で悩んでいるなら、一人で苦しまずに助けを求めてください。勃起不全を専門にする医師に診てもらい、自分に合う解決法を提供してもらいましょう。」

閉じる
生活をより快適に…復帰するために

Making it easier_
復帰するために

「時間はかかりましたが、自分の人生を取り戻すことができました。新しいことにチャレンジしながら、再び限界に挑戦しています」

Alessia
詳しく読む
閉じる

Alessia Polita
Making it easier… to get back on track

<font color=\"#00b0ca\">Alessia Polita<br>Making it easier… to get back on track</font>

2013年5月12日、イタリア・モンザでおこなわれたスーパーバイク世界選手権で、著名なイタリア人選手であるアレッシア・ポリータは衝突事故を起こして重傷を負い、半身不随となりました。

大きなリスクを伴うオートバイレースの世界で生きるには、勇気と覚悟が必要です。現在34歳のアレッシア・ポリータは、車椅子の生活になった今も、現役選手に負けない勢いを感じさせます。

事故後の突然の変化を受け入れることは、最初は難しかったとアレッシアは話します。しばらくは自分の人生に絶望して落ち込んでいた彼女でしたが、新しい道に向けて一歩を踏み出し、今までとは違う活動に気持ちを向けるよう意識的に切り換えていきました。その選択は正しく、アレッシアは次第にポジティブな心を取り戻していきました。

事故後の道のりは簡単なものではなかったと認めつつ、自分の人生に復帰する準備が今はあるとアレッシアは話します。「時間はかかりましたが、自分の人生を取り戻すことができました。新しいことにチャレンジしながら、再び限界に挑戦しています」

閉じる
生活をより快適に…その瞬間に夢中になるために

Making it easier_
その瞬間に夢中になるために

「人前で演奏することにとても神経質になることがありました。でも今は自信を取り戻しています。演奏していると、とても自由な気持ちになります」

Wanyong
詳しく読む
閉じる

Wanyong Xie
Making it easier… to get lost in the moment

<font color=\"#00b0ca\">Wanyong Xie <br>Making it easier… to get lost in the moment</font>

ワニョンは小さい頃から音楽に情熱を持ち、演奏に全てを懸けてきました。しかし2016年に大腸がんと診断され、ストーマ造設手術を受けます。再び音楽を演奏する自信を取り戻すことはこの先一生ないだろうとワニョンは感じました。

手術後、ワニョンは新しい人生を受け入れることができずに苦しみました。不安や疑念にさいなまれ、将来への希望も失っていました。どん底に落ちたような気持ちになり、気分もひどく沈みます。

しかし献身的に世話をしてくれた妻のおかげで、ワニョンは新たな人生にだんだんと慣れていきました。「妻は大きな支えになってくれました。特に最初のうちは、自分ですらやりたくないと感じていたストーマ装具の交換を手伝ってくれたんです」と彼は振り返ります。妻から元気や安心をもらって自信を得た彼は、音楽に対する情熱も取り戻していきました。

現在、ワニョンは家で練習したり、友人と演奏したり、ステージでパフォーマンスをしたりと、音楽漬けの毎日を送っています。そして今の彼には夢もあります。それは家族や友人のために大きな会場で演奏すること。「アンコール!」の声を聞くために。

閉じる
生活をより快適に…普通の女の子になるために

Making it easier_
普通の女の子になるために

「私らしさは、ストーマ保有者であることとは関係ありません。友達はストーマのことを知った上で、私を応援してくれています。だから一緒に遊んでいる時も居心地が良いのです」

Keagan
詳しく読む
閉じる

Keagan Lynggaard
Making it easier… to be one of the girls

<font color=\"#00b0ca\">Keagan Lynggaard<br>Making it easier… to be one of the girls </font>

15歳でクローン病と診断されたキーガンは、結腸穿孔で入院し、その後すぐにストーマ造設手術を受けました。オストメイトになったキーガンがまず心配したのは、「友達はどう思うだろう」ということでした。

10代の子が誰でもそうであるように、「普通」であることや友人のなかに溶け込むことは、彼女にとってとても大事なことでした。みんなと同じように、人生の素晴らしさを全て経験できるのかということもキーガンの大きな心配の一つでした。こうした不安を抱えながら始まった道のりは簡単ではありませんでしたが、状況は徐々に改善されていきました。

現在、キーガンは順調な日常生活を送っています。そして重要なのは、彼女の周りの人達が彼女の症状を知っているということです。「私らしさは、ストーマ保有者であることとは関係ありません。友達はストーマのことを知った上で、私を応援してくれています。だから一緒に遊んでいる時も居心地が良いのです。」

また、キーガンは自分の個人的な体験談や教育を通してオストメイトの認知度を高めることで、他のオストメイトを支援しています。キーガン自身、ストーマを造設するかどうかについて考える時間は手術までの1日半しかありませんでした。手術後8カ月の入院生活の中で、ストーマの話をすることに慣れ、ストーマは日常の単なる一部だと感じるようになりました。ただ、退院して、オストメイトのことを全く知らない人に囲まれる環境に戻ると、状況ががらりと変わりました。家族や友人は大きな支えとなってくれましたが、看護師やストーマ保有者のように本当の意味で理解してくれることはありません。だからこそキーガンは他のオストメイトとも定期的に交流し、アドバイスをしたり情報交換をしたりしています。

閉じる
生活をより快適に…アクティブでいられるように

Making it easier_
アクティブでいられるように

「ボートを出してセーリングをするのが大好きです。悪天候で出せない日はあっても、自分の症状のせいでボートを出せない日はありません」

Flemming
詳しく読む
閉じる

Flemming Retslov
Making it easier… to stay active

<font color=\"#00b0ca\">Flemming  Retslov<br>Making it easier… to stay active </font>

フレミングは、人生最高の持ち札は自分のもとに回ってきていないと感じます。しかし輝く瞳とユーモアのセンスを持つ彼は、それでも自分の人生を楽しみ、ほかの人に助けの手を差し伸べています。

フレミングは早産で生まれ、出生時に仮死状態であったことによる合併症から、何年も静脈性下肢潰瘍を患っています。また彼には第V因子ライデン変異があり、それが深部静脈血栓症のリスク増加など、多くの合併症を引き起こしています。

数年前、フレミングはオートバイの排気管で脚に火傷を負いましたが、その怪我がきちんと治癒せず、重傷になってしまいました。その後何年か、火傷をしてないほうの脚にも、静脈循環の低下から引き起こされた潰瘍が出てきました。それ以降、両脚の膝から足首まで潰瘍に覆われた脚で生活しています。

フレミングはタフガイです。創傷や血栓症を患っているにもかかわらず、週に75〜80時間、肉体労働をしています。高等教育に進まなかった彼は、冗談交じりに自分のことを「独学の便利屋」だと言います。人生を愛する彼は、自分の時間も寛大に提供します。「このキャンペーンに自分も参加したいと思ったのは、他の人の助けになれるかも知れないと感じたからです」と話すフレミング。デンマークの病院と適切な製品のお陰で彼の症状は大きく改善されました。まだ創傷があり、歩くにも一苦労ですが、外出しています。「ボートを出してセーリングをするのが大好きです。悪天候で出せない日はあっても、自分の症状のせいでボートを出せない日はありません」と笑います。

閉じる
生活をより快適に…一緒の時間を楽しむために

Making it easier_
一緒の時間を楽しむために

「娘は最近、学校や友達と遊ぶのに忙しいけれど、私とは今も仲良しです。時間がある時は、一緒に過ごす時間を二人で目一杯楽しんでいます」

Bob
詳しく読む
閉じる

Robert Vogel
Making it easier… to enjoy time together

<font color=\"#00b0ca\">Robert Vogel<br>Making it easier… to enjoy time together</font>

エクストリームスポーツが大好きなボブは、フリースタイルスキーのプロ選手そしてスタントマンとして活動していました。30年以上前、事故で脊髄をひどく損傷しましたが、現在も、オフロードハンドサイクリング、水泳、シュノーケリング、スキューバダイビングなど、身体的にハードなスポーツにチャレンジするのが彼の趣味です。

しかしどんな趣味よりも、ボブは父親であることを楽しんでいます。親になるほど素晴らしいことはないと感じていた彼は、ずっと子供が欲しいと思っていました。しかし脊髄を損傷している自分が親になれるか不安を感じ、娘について行けるだろうか、理想の父親になれるだろうかと悩んだと言います。

以前、ボブの人生における最大の懸念は排泄の問題でした。しかし今では、経肛門洗腸療法を定期的に行うことで、排泄をよりコントロールできるようになっただけでなく、人生で一番大切な娘に集中することができるようになりました。「娘は最近、学校や友達と遊ぶのに忙しいけれど、私とは今も仲良しです。時間がある時は、一緒に過ごす時間を二人で目一杯楽しんでいます」とボブは話します。

閉じる
生活をより快適に…すべてを賭けて

Making it easier_
すべてを賭けて

「病気で35キロも減った体重も元に戻すことができました。僕には強い決意があります。トレーニングも定期的に行っていますし、着実にキャリアを築けていることを嬉しく思います」

Mesha
詳しく読む
閉じる

Mesha Moinirad
Making life easier… to go all in

<font color=\"#00b0ca\">Mesha Moinirad<br>Making life easier… to go all in</font>

2013年のある朝、ミーシャは激しい腹痛と膨張感に襲われて目を覚ましました。最初は単なる食あたりだろうと思いましたが、数日後、病院で虫垂破裂の診断を受けることになります。それから3週間、麻酔によって昏睡状態となった彼が助かる可能性はわずか20パーセントでしたが、ミーシャは目覚めることができました。しかし彼を待っていたのは衝撃の現実です。もともと73キロあった体重は38キロにまで落ち、筋肉質だった身体は虚弱化していました。さらに、目を覚ましてからの数カ月間、彼は激しい腹痛、頻便、関節の腫れなどの症状に苦しむことになります。6カ月間の検査の結果、彼に下された診断は急性潰瘍性大腸炎でした。さらにクローン病の可能性もあると告げられました。その後4年間、あらゆる薬を試したミーシャでしたが、残念ながら彼の症状に対して効果のある薬は見つかりませんでした。

26歳で回腸ストーマ造設手術を受け、ミーシャの健康状態は改善しました。体重も増え、彼自身もあと少しの努力で以前の自分に戻れると感じられるまでになったのです。手術から3カ月後には、仕事に復帰し、ジムでリハビリができるまでになりました。この頃から、自分と同じ症状の人を助けることに情熱を傾け始めた彼は、ブログを開始し、ウェブサイトMr.ColitisCrohns.comを開設します。現在29歳になったミーシャは、パーソナルトレーナーとしての生理学的視点と、患者が感じる心理的な視点の両方から、クローン病や大腸炎の患者を支えています。皆の手本となってクローン病や大腸炎に苦しむ人を助けたい、と彼は話します。「病気で35キロも減った体重も元に戻すことができました。僕には強い決意があります。トレーニングも定期的に行っていますし、着実にキャリアを築けていることを嬉しく思います。」ミーシャは今後もそのポジティブなエネルギーを苦しんでいる人たちのために役立てたいと考えています。

閉じる
生活をより快適に…自分らしく生きるために

Making life easier_
自分らしく生きるために

「服に自分のアイデンティティを感じていたため、手術後に何が着られるのか不安に思いましたが、今でも着たいものを着ることができています」

Stina
詳しく読む
閉じる

Stina Hägglund
Making it easier… to be yourself

<font color=\"#00b0ca\">Stina Hägglund<br>Making it easier… to be yourself</font>

幼い頃にクローン病だと診断されたスティナ。クローン病とは自分の免疫が大腸を攻撃する自己免疫疾患です。使用していた薬はスティナに合わず、クローン病の症状を抑えることができませんでした。

小さい頃からこの病気と戦ってきたスティナでしたが、23歳の時、病状が悪化します。当時、娘エルを産んだばかりの彼女の大腸は破裂寸前だったため、ストーマ造設手術を受けることになりました。手術後、目覚めたスティナは、生き延びることができたことに喜びを感じたものの、ほかの部分で不安も感じていました。スティナにとっての自分らしさは、着る服に大きく結びついていました。ファッションやスタイル、洋服を通して自分を表現することは彼女にとってとても大切なことでした。

ストーマと共に生きる新しい人生では、好きな洋服を何でも着られるのだろうかという疑問が浮かびました。「服に自分のアイデンティティを感じていたため、手術後に何が着られるのか不安に思いましたが、今でも着たいものを着ることができています」とスティナは話します。現在スウェーデンでインフルエンサーとして活動するスティナは、ストーマと共に生きる人生について、多くの人に知ってもらうことにエネルギーを傾けています。ストーマについて自由に発言すべきと伝えることで、ストーマ保有者のためらう気持ちを払拭し、多くの人にストーマについて気楽に話してもらいたいと願っています。そのためにスティナは、テレビやスウェーデンでのTEDxトークに出演するなど、活動の幅を広げています。

閉じる
生活をより快適に…仕事に打ち込むために

Making it easier_
仕事に打ち込むために

「仕事に復帰できて嬉しいです。私にとって非常に大きな意味があります。最初はストーマ装具のことを心配していましたが、今では集中して仕事に取り組んでいます」

Mike
詳しく読む
閉じる

Michael Neeson
Making it easier… to make that deal

<font color=\"#00b0ca\">Michael Neeson<br>Making it easier… to make that deal</font>

2008年に大腸がんと診断されたマイクは、緊急処置と化学療法を受けた後、結腸ストーマと尿路ストーマを造設するため、11時間に及ぶ手術を受けました。 がんと診断され、2つのストーマが必要になると告げられた時、マイクは非常に動揺しました。ストーマを使う際の臭いを心配し、普通の生活に戻れるのか不安に感じたのです。 しかし手術後、マイクは最優先に考えるべきことに気づきます。それは、家族や友人の元に戻り、仕事に復帰し、自分の人生を取り戻すことでした。彼は術後の状況を「新しい普通の状態」だと捉えていきました。適切な製品とサポートを早く手に入れることで、普通の生活を送れる状態により早く辿り着けると考えていたのです。現在、静かで薄く快適なソリューションを見つけたマイクは、2つのストーマを持っていることを人に気づかれることなく、好きな洋服を着て生活しています。何にも縛られることなくキャリアを積みたいと願っていたマイクにとって、自由に生きられることはとても重要でした。「仕事に復帰できて嬉しいです。私にとって非常に大きな意味があります。最初はストーマ装具のことを心配していましたが、今では集中して仕事に取り組んでいます」

閉じる

課題の大きさ

個人的な健康上のニーズを抱えている方々がどれほど多くいらっしゃるかについては、あまり知られていません。また、これらのニーズのために、それぞれの生活がどれほど大きく影響を受けているかについても知られていません。下図は、この課題の大きさを示しています。

コロプラストは製品やサービスをご提供することによって、お客様の生活の質を高めることを目指しています。

(1) Claessens et al., 2015. The Ostomy Life Study: The everyday challenges faced by people living with a stoma in a snapshot, Gastrointestinal Nursing, 13, 18-25.
(2) Coloplast, Market Study, Ostomy Life Study, 2016, data-on-file (PM-05068)
(3) Coloplast Intermittent Catheter User Study 2015, data-on-file (PM-03238)
(4) Coloplast, Market Study, The impact of bowel dysfunction of patients and HCPs, 2017, Data-on-file (VV-019644)
(5) Marcial G., 2014. Overlooked Advanced Wound Care Market Catches Attention of Healthcare Analysts, Forbes, Feb 2014
(6) Armstrong et al.,1998. Validation of a diabetic wound classification system. The contribution of depth, infection, and ischemia to risk of amputation, Diabetes Care, 21(5), 855-9
(7) Aversa and Fabbri, 2001. New Oral Agents for Erectile Dysfunction: What is Changing in Our Practice?, Asian Journal of Andrology, Sep(3), 175-179
(8) https:/www.webmd.com/women/guide/vaginal-prolapse#1 Downloaded 10.17
閉じる

サンプル製品

ありがとうございます!

この度はサンプルをお申し込みいただき、ありがとうございます。

PC版を表示