閉じる
ニュース
お問い合わせ
Corporate Information
  • Mission & Values
  • History
  • Corporate Responsibility
  • People & Organisation
  • Global presence
Visit Coloplast.com
自分の国のコロプラストのウェブサイトを検索
オストミー セルフチェック・ツール

観察事項

漏れを防ぎ、皮膚を健康な状態に保つには、ご自身の体形的特徴に合った製品を使用することと、正しい手順でストーマケアを行うことが重要です。

貼付取り外し観察」を正しく実践することで、ストーマ装具の性能が最大限に発揮されます。排泄物などの皮膚刺激からストーマ周囲の皮膚をより確実に守るためには、正しい手順で貼付することが重要です。

皮膚と面板(皮膚保護剤)の状態を観察することで、正しいケアが行えているかがわかります。 まずは注意すべき症状について知っておきましょう。

皮膚と面板を確認する

皮膚保護剤が溶解しているか、また便や尿などの排泄物が付着しているかを確認しましょう。次に、(必要であれば鏡を使って)ストーマ周囲の皮膚の状態を調べ、発赤や肌荒れがないか確認します。皮膚トラブルや皮膚保護剤の過度の溶解がある場合、装具を適切に装着できていなかったり、より頻繁な装具交換が必要だという可能性もあります。ご自身の体形的特徴に最適なストーマ製品を使用しているか、「ボディチェック」で確認してみましょう。

皮膚が健康な場合

ストーマ周囲の皮膚が健康な場合、お腹の他の部分の皮膚と同じように見えます。

炎症とアレルギー

炎症とアレルギーはよく混同されますが、実はアレルギー反応が起きることはごく稀です。

アレルギー反応が起きた場合、皮膚保護剤と接触した部分が炎症を起こし、変色します。刺すような痛みや、かゆみ、熱感を伴う場合もあります。

皮膚の炎症予防と治療方法

皮膚の炎症は、ストーマを持つ方によく見られるトラブルです。お腹の他の部分の皮膚と比べて、ストーマ周囲の皮膚の外観や色調に何らかの変化が認められる場合は、皮膚の炎症が生じている可能性があります。

軽度の皮膚炎症の場合

下の4つのイラストは、軽度の皮膚炎症を表しています。軽度の皮膚炎症は、適切な交換手順とご自身に合ったストーマ製品を使用することで改善する場合もあります。最適なストーマ製品を使用するために、定期的に「ボディチェック」でご自身の状態を確認することをおすすめします。
軽度の皮膚炎症には、アクセサリー製品の使用も有効かもしれません。「ストーマケアお悩み別ガイド」をご参照ください。

重度の皮膚炎症の場合

下の4つイラストは、重度の皮膚炎症を表しています。ストーマ周囲の皮膚が暗青色から紫色に変色したり、ジュクジュクや出血、熱感、かゆみが現れます。重度の皮膚炎症がある場合は、医療機関を受診してください。

ポイント

継続的にストーマの写真を撮ることで、皮膚炎症が改善しているかどうかを確認しやすくなります。医療機関受診の際にも、こうした写真は診断の参考になります。

上記の対処法を2週間以上試しても皮膚の状態が改善しなかった場合は、必ず医療機関を受診してください。

disclaimer   注意:製品ご使用の際は、必ず製品に同梱されている「取扱説明書」をお読みください。

ストーマをお持ちの方のための無料郵送情報誌「ゆうじん – 結人」

ColoplastCare icon in turqoise

「相談する人がいない」「同じ立場の(ストーマを持っている)人の話は伝わりやすい」と思われていませんか?コロプラストが行っているオストメイト対象の調査では、このようなコメントを多数いただいております。

皆さまのご意見を受けて、情報誌「YUJIN – 結人」はオストメイトのインタビューや、認定看護師によるお悩み解決コーナー、各種プロフェッショナルの監修を受けた体型維持のためのレシピや体操のご紹介などを、定期的に郵送しております。

 購読はこちらから

閉じる

サンプル製品

ありがとうございます!

この度はサンプルをお申し込みいただき、ありがとうございます。

PC版を表示